• hitoodoru kikaku

いってみたいキャンプ場~いすみガーデンリトリート&トーテムの家

キャンプ場の運営支援・指定管理公募代行・ウェブ予約管理代行のヒトオドル企画です。


勉強のために色々な宿泊施設の情報を覗いていますが、これも本当に泊まるという意識がないとなかなか続きません。


自分が実際に泊まることを想定して調べていくと、その施設に足りないもの、また情報として届いていないものなどを把握できます。


それをすぐに弊社のウェブサイトでも考察するようにしているんですが、ウェブサイト上の情報などソフトの面はある程度カバーできたりしても、実際の施設に関するハードの改善はほぼ難しいですね。


そういう意味では私自身が行ってみたいなと思う宿泊施設はまずそのハード面に圧倒的な力を持っているところになります。

ご紹介するのはいったことのない千葉県の施設「いすみガーデンリトリート&トーテムの家」


キャンプ場検索サイトのなっぷで見つけたのでキャンプ場といってもいいと思いますが、その独特な施設に目を奪われました。


本当にファンタジーに出てくるような外観です。


ウェブサイトはWixの無料版で作られていますね。そういう意味でもお手伝いできたらなぁ。


この施設は1日1組限定。レビューを読み込むとおおよそ期待値をそのままクリアした内容を提供しているようで軒並み高評価。1日1組というのは本当に勇気ある経営の仕方だと思いますが、お客様にとっては本当に過ごしやすいでしょう。


まさにリトリートできる場所のはず。


「空間を作る」ということが本当に上手にできている場所だと思います。


以前、Twitterで回ってきたのが、ディズニーランドの年間パスを購入して、園内の各所をオフィス代わりにしているフリーランサーがいると聞きました。


カフェであれば入場料はいりませんが、オフィスをレンタルする場合やコワーキングスペースなどには少なからずお金がかかります。その中でにぎやかではあるけどもクリエイティビティを最も刺激してくれるのはディズニーランドということで年間10万ほどの年間パスを購入しているそう。


営業している側からすると本来の目的とは異なるでしょうからあまりお勧めできないと思いますが、そういう空間の大切さ、エリアの影響というのはかんがえてもいいでしょう。


今回のいすみガーデンリトリート&トーテムの家もまさにそれ。


そこの空間が持つ圧倒的な力を妥協なしに追求した感じがいいですね。


同じようなコンセプトを持つ施設は少なくありませんが、多くは「この時間帯になると本当にきれい」とか「おすすめは夜の電灯がついてから」など条件がかかることがあります。


このいすみガーデンリトリート&トーテムの家はどの時間帯の写真をみても遜色がありません。


お客様が投稿している写真をみても一緒ですから、オーナーさんの思いが人一倍詰まった施設だと思います。


昔はこの近くによくサーフィンに行っていたので、もし時期が合えば是非行ってみたいところです。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画