ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

るるぶトラベルが改悪ですって。

キャンプ場運営支援・指定管理公募支援・ウェブサイト作成・予約管理代行のヒトオドル企画です。


弊社がおススメしているOTAはキャンプに特化したサイトですが、色々な可能性のために他のOTAに関しても一応情報集めはしております。


最近のもっぱらのうわさは国内OTAの第3位、JTBが運営するるるぶトラベルがサイトリニューアルしたところ、その変更が最悪だとTwitterで話題になっています。


宿泊業界インフルエンサーたちをフォローしているのでその点はタイムラインに流れてきていたのですが、特にサイトコントローラーに詳しい湯布院の川嶋さん( @maidokawashima )のブログでも詳細が語られています。 https://kawashimablog.com/yufuin/?p=33708

UIの変更から利用方法の変更に至るまでの説明後、ご自身の感想を軽く述べ、Twitterでるるぶトラベルを検索しないようにと煽りが入りまして、早速検索すると、あら、改悪への非難轟々が。


多くが「使いづらくなっている」とのことですが、こちらはやはり物事の変化であれば以前と使い勝手が変わるのは当然のことでユーザー側もある程度許容すべきではないかと感じています。


恐らくそういう意見が主だと思うのですが、、、、あれ、そうでもない。


「地名検索ができない(でにくい)」


あれ、ほんまや。検索窓に入力したときにユーザー側の想定する地名だと検索されないというか、他の似た名称の場所に誘導されてしまうことがあります。よく波乗りをしに行く高知県の黒潮町と入れたら、和歌山の黒潮市場が出てきてしまいます。最初に黒潮町と入れているのに、プルボタンで下部までいって選択しないといけないとは。なかなかですね。


「条件検索ができない」


これもホンマ。宿タイプや宿泊スタイルでユーザー側が検索できません。号泣。キャンプ場と入力すると施設名にキャンプ場とついているところが出てくるだけで、各地のキャンプ場を比較することができません。まずいくエリアを決めないと何もできないことが決定。


「バグる」


これは・・・・・。その使用している機種の問題かと思いますが、私のPCも一回落ちました。ただ、これは偶然だと思います。


OTAに関しては色々なやり方、使い方があると思うので一概におススメはしておりませんが、目的別であればるるぶトラベルは楽天トラベル・じゃらんと国内旅行者をターゲットにしていることから弊社では利用していませんでした。


国内の旅行業では圧倒的なシェアのJTBがデジタル界への参入が遅れたせいで、リクルートと楽天に大きく水をあけられてしまったるるぶトラベルですが、ここにきて起死回生の一手だったのでしょうか。


というのも、今回は海外大手OTAのagodaと包括業務提携により、UIももろにagodaとなり、国内OTAの懸念材料だった使い勝手の悪さを払拭しようと試みたようです。


それがあまたのインフルエンサーが指摘しているのですが、国内の宿泊業者は海外と異なり、部屋ベースでなく、人数ベースだったり、食事付きだったりなので、そのまま海外のやり方を当てはめると改悪になるよ、とのこと。


素泊まりで地域のおいしい店を探したい泊食分離スタイルの海外の人や、素泊まり好きな日本人にはそういう海外OTAが向いていますが、くしくもるるぶトラベルが多く抱えているのは日本式の旅館やホテルばかり。なかなか難しいところですね。


あるインフルエンサーが指摘していましたが、仕組みを変えるのにこれほど自分たちの強みを理解していなかったというのは珍しいとのこと。


的を得ているように感じてしまいました。


楽天トラベルは昨年の9月にサイトリニューアル、というのをかなり前に大々的に広報していたのですが、その何か月か前に急に中止になりました。恐らくこういうことを懸念していたのかもしれませんね。