• hitoodoru kikaku

オンラインステイって??

キャンプ場の運営サポートヒトオドル企画です。


まだまだ先は見えませんね。ご存知の方も多いと思いますが、徳島県では県外ナンバーに対して嫌がらせがあったなんて言うのもニュースになりました。


また、お隣の市では「県内在住です」というシールみたいなものをウェブサイト上で公開し、ダウンロードできるようにしたら「差別を助長する」的なクレームから「悪用する人が増える」などの意見から結局役場で配布という形になったみたいです。


県境に位置しているから結構隣の県が生活圏内という方も多いので、あまり意味なかったというのもあるみたいです。


こういう世の中を少しでも変えていきたいという思いから「ギスギスした世の中だなぁ」というようなつぶやきもよく見かけます。


ただそれはコロナ前から随分顕著だったような気はしますが。



さて、このような状況下でも色々なチャレンジをされている方のバイタリティに触発されたいと情報を探っていますが、オンラインで宿泊を提供するオンラインステイというものがあることがわかりました。


実施しているのは神戸のゲストハウス「なでしこ屋」さん。


ちょっとイメージがわかないのですが、オンラインで宿泊体験ができるというプランで、他にもチャレンジしている宿があることからそれを参考に実行するというもの。


この状況下で色々なアイデアを出していくところはすごいですね。


オンラインで館内の案内をした後は、交流会で意見を交わすそうです。チェックインシートを事前に記入するそうですが、これによって宿泊者が何を望んでいるかなどがわかるようになっており、宿側が何かを提供するようですね。


神戸の夜景はデフォみたいです。


また、希望者には期限こそありますが、事前申し込みの別途料金で神戸の地酒とおつまみセットを宅配できるそう。


勝手な推測ですが、20時チェックインの22時消灯になっているので2時間は宿側のスケジュールに沿い、消灯時間を過ぎた後は各自雑魚寝といいますか、交流会になるのではないでしょうか。


中々よく考えられています。


ということで、これをキャンプ場で提供することは可能か?


この辺は普通に焚火を映しながらの交流会でも十分成り立ちそうな気がしますが、もう少し深堀りする必要がありそうです。


お金をもらいつつ、提供しうるコンテンツを掘り下げる必要があります。


といいつつ、実はまだzoomも使いこなせないんですよね・・・・。


これらをもう少し勉強して新たなコンテンツを見つけたいと思います。




ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画