ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

キャンプ場だけど他の業態からも学びたい。

キャンプ場運営支援・予約代行なのにオーベルジュなども参考にさせていただいておりますヒトオドル企画です。


先日、イタリアンレストランが宿泊業を開始させ、複数事業を行う記事を書きました。


利益率が高い宿泊業を運営することによって本来の事業であった飲食業にも効果的な投資ができるのではないかという考察でした。


当然、うまくいくこともあれば、そうでないこともあり確率論でしかありません。「卵をひとつのかごに盛るな」という投資業界の言葉のように、やはり一つの事業に集中するよりは複数事業の方がリスクマネージメントはしやすいのかな、と思います。


そういう意味ではオーベルジュのような形態は非常に理に適っているのかなと思っており、合理性が追求しやすい社会体制の欧州で育ってきた土壌がありますね。


昨今ではオーベルジュ形態の宿も増えてきており、私も好んで食事をとりに行ったりしています。


「宿泊業の整備を後手にし、儲けが伸びなかった・・・」


大体どこのオーベルジュに行ってもホテルよりはアットホームな感じがあり、レストランの敷居も高くないのに、非常に満足度の高い料理であることが多いです。


こじんまりとした建物が結構な賑わいを見せている感じで、実際に儲かっているようです。


オーベルジュ自体、宿泊業から発展したものでなく、レストランに宿泊を付けたものという定義だそうですので、食事を楽しみたい方は選択肢の筆頭になってるようですね。


そんな事前調べのなか、たまたま知り合ったオーベルジュ経営者に話を聞くと、思ってもいない答えが返ってきました。


レストランの入りはすごいし、過去には温泉旅館だった場所での営業ですから、温泉もある。それでも思ったよりは儲けが出ていないと。


経営者は腕利きのシェフを連れてきて、レストランの経営にはうまくいったのだけど、宿泊業へのウェイトのかけ方を間違えて、宿泊室を少なめに設定してしまったのだそう。そうなると自動的に利益率の高い宿泊業の利益が狭まってしまい、レストランに回す資金が予想を下回っているとのこと。


宿泊室数が少なく、辺鄙な場所にあるので、夜の営業はレストランとしても痛手。メインは昼のみ。と全体的にお客様を呼べる導線の読みがあまかったとおっしゃってました。


今後は部屋数を増やすか、利用者の利益率を上げるかになってきますね、というお話をしたら、古い旅館の設備投資で結構使っちゃったんですよね、とのこと。


失敗から学ぶ


失敗を経て成功があるというのはもう常識。この方は未だに営業を続けていらして、少しずつ軌道修正しているようです(5月以来お会いしてませんが、SNSで状況を把握してます)。


これから宿をやるかたにはこれだけでも少しは参考になるかと思います。当然、宿泊室数が少なくてもレストランでガンガン稼いでいる方もいらっしゃるでしょうし、もっといい条件なのにあまり効率よく稼いでない方もいらっしゃると思います。


それでも利益率の高い商売に宿泊業が来るのは恐らく間違いないことですので、今やっている事業+宿泊というのは先日お話しした飲料MATCHのようにそこまでの投資がなくてもできるのでぜひ考えていただければ、と思います。