ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

キャンプ場としてのコンテンツ~観光農園~

キャンプ場の運営支援・集客コンサルティング・予約管理代行のヒトオドル企画です。


キャンプ場としてのコンテンツになりえるものはなるべくチャレンジしていきたいと思っていますが、当然投資額に見合ったリターンだという前提です。


今までもいくつかのエントリーで紹介させていただいているもので、宿泊業以外のアプローチから宿泊業をセットにした複合事業の有用性を熱弁していますが、特に注目しているのは観光農園です。


調べるとイチゴ農園とキャンプ場をやられている箇所などがあり、キャンプ場の最盛期とイチゴの最盛期がちょうど真反対の時期にあたるので年間を通じて活動ができるようです。また、観光農園としては春先が最盛期になるようです。


キャンプ場は全国的に見ても夏の忙しさとその他のシーズンがはっきりと分かれており、場所によっては夏のみの営業のところもあるくらいです。


その隙間を埋めるようになるのは大変理に適っているなぁと思ったところ、先日このようなニュースが来てびっくりしました。


https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/494055?__twitter_impression=true


三重県のもくもくファームが出資していた沖縄のあいあいファームが破産とのこと。


コンテンツ満載でも倒産するわけ


正直、弊社からみると欲しいものだけで運営しているような法人でした。


沖縄という立地、オンリーワン事業のカリスマ出資者、体験型コンテンツ、大きな器。。。。


記事によれば増収傾向だったのに、途中から従業員が直接雇用になり、管理費などで累積赤字2億とのこと。


ということは、最初は雇用は補助金などだったということでしょうかね。


事業は好調だったけれど、実態は設備投資や販売管理などの見通しが甘く、本来組み込んでなければいけない数字を入れてなかったということでしょうか。


それにしても2009年の創立以来で2億円の赤字とはなかなかだったんですね。


記事中にもあるように「地産地消の見本」といわれるような観光農園でしたから、これは単純に経営の甘さ、ということでしょうか。


がっつり民間であればここに来るまでの間に大幅な軌道修正を図れていたと思いますが、表立っては民間でありながら公的支援をちらつかせる内容と、もしかしたら役員に公的機関の方がいたのかもしれません。


改めて気づく


成功事例より、失敗事例というのは表面化しにくいのでその情報があると大変勉強になります。


特に同じようなキャンプ場に泊まるとき、設備は弊社より立派でいろんなものがあるのに、まったく顧客とむきあってないなと感じる施設はよくあります。


自分たちから見ればうらやましいと思う施設なのにそれが当たり前になっていてその重要さに気づいていないのです。


今回の記事を読むにあたって、相変わらず持っているものが少ないなと思いつつ、それで顧客に向き合えるならそっちのほうがずっといいと感じた次第です。