• hitoodoru kikaku

キャンプ場の定休日の設定

キャンプ場運営支援のヒトオドル企画です。


今日はキャンプ場における「定休日」について考えてみたいと思います。


そもそも宿泊業に定休日は必要?


昨年末に宿泊業では衝撃的なニュースが飛び込んできました。


別府の名門杉乃井ホテルが、年初に10日間の連休をするというのです。


担当の方によると、


「人手不足のなか、いい人材を獲得し、働き続けてもらうためには、給与を上げるだけでなく、しっかり休めるようにする必要があると考えました。売り上げは減ってしまいますが、避けられない潮流だと思っています」

確かに潮目が変わっており、この流れを読めない人こそが、「サービス業だろ」なんて時代錯誤な考えに陥りがちですよね。


大型ホテルでもこのような考えがどんどん増えていってほしく、またもし定宿がある方は逆に同地の別のホテルを試してみるという機会にもなり得るんじゃないかと思います。


個人オーナーのゲストハウス


そこまで規模の大きくないゲストハウスやビジネスホテルなどは以前から比較的定休日や臨時休業を設けているところも少なくないですね。


そこにも潮目があって、以前は繁忙期は血反吐を吐くまではやるという感じだったのですが、「働き方改革」の流れか、繁忙期で、売上が減ったとしてもしっかり休み、稼働日のサービスの質を落とさない、という風にシフトしていると思います。


なので、2019年でも長すぎたGWやお盆に敢えて休業日を1日設けて、というような宿も知り合いの中におりました。


宿によって異なるとは思いますが、恐らく連泊のお客様(チェックイン・アウト業務)を除いて、その日は休業にするということだったのでは、と思います。


キャンプ場は?


キャンプ場は夏季のみの営業や期間限定など様々な営業スタイルがあるので平均的なのは出しにくいと思いますが、当施設で言えば、年間営業のうち年末年始は休業、あとは毎週火曜日が定休日となっています。


弊社が指定管理を受けるまでは火曜日の定休日はなかったのですが、当施設のお隣の温泉(当施設のバンガローの半分はお風呂がなし)が火曜日が定休なことと、スタッフ全員が同時に休める仕組みが必要だと考え、定休日を設けることにしました。


キャンプ場の平日の稼働率はそれは寂しいところですので、宿泊客自体は特に問題ありませんでしたが、当施設は同時にテニスコートやBBQ客といった当日客がいました。


こちらは案内する側の私たちが慣れていなく、お電話でのお問合せには忘れたまま案内することもありましたが、これも電話予約をやめ、ネット予約に移行すれば簡単に解決しました。


こういう人的リスクにもITは対応してくれますね。


当施設は清掃を外部委託していますが、それ以外はほぼ自分たちで回しているので自分たちのさじ加減で仕事量を調整できるのもよかったのかもしれません。


定休日を設けるリスク


定休日を設けるリスクはほとんど感じませんでした。それは売り上げにも現れていて、定休日を設けたのに昨年度比ではアップしているので正しい決断だったのでしょう。


実は2019年は7~9月までは火曜日も営業をしていました。8月は平日でもたくさんのお客様も来ていただいたので正しい判断だったかなと思っていましたが、2020年度からは通年で火曜日を定休とします。


それはやはりスタッフの労働条件によるものです。


2019年度の夏は幸い賑わいを見せており、連日盛況でした。


そのうちに気になってくるのがスタッフの疲労や施設の疲弊でした。それでも連日満室状況が続いているので停めることは出来ません。


なので、お盆が過ぎてすぐに予約が入ってなかった日を売止めにして休業にしました。


7月の初めからほぼ50日連勤という感じでしたね。


その日を設けたおかげで、ハリがでてきたこととまさに場所でない、時間のオアシスを得ることができました。実際は台風10号のおかげで休業日の1週間前に臨時休業を得ることができました。


恐らく海外であれば、「神様が休めと言ってるんだ・・・」というような表現になるでしょうか。ありがたかったです。


四国内にある大手のキャンプ場では通年営業ですが、閑散期は週休2日を設定しています。それでも圧倒的な集客力ですから、定休日のあるなしでない、サービスの質を届けることができれば可能なことなんだと思います。




0回の閲覧

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画