• hitoodoru kikaku

コロナの影響でFAXはサヨナラ

こんにちは。キャンプ場の集客に有効なオンライン戦略をコンサルティングもしくは実行するヒトオドル企画です。


実際に弊社でも一つのキャンプ場を運営しながら情報を発信しています。


営業していくにあたってできる限りの合理化を目指して、運営のスリム化を目指すのでトライ&エラーを繰り返しています。


このようなやり方で必要とされるのは、エラーだな、ということを認めること。


多くの旧態然とした組織ややり方はその間違いを認めることができていません。それがゆえに進化はおろか、何の変化もないままに時間を過ごしているようです。


向上心やモチベーションの話になりがちですが、そもそもそれがないとこのページにすら行き着かないのが事実。自戒を込めて常に学ぶ姿勢を身に着けたいと思います。


今回のコロナ禍でポジティブになるような記事がいくつかあります。


それらの多くが、上記のように今まで当たり前のようにされてきた無駄が少しずつでも変化していくこと。


オンラインでの会合などから少しずつ指摘されてきて当ブログでも少し触れていますが、はんこ文化の見直しも声高に叫ばれています。


ご存知のように利権により、あまり進んでいないようですが。


弊社はなるべく無駄を排除するように電子化を進めていたので特に困ってはいなかったり、忘れてたりするレベルのものもあったんですが、今回思い出したのはこれ。


脱ファクスの記事。


毎日新聞の記事ですが、そういえばありましたね。ファクス。もうずいぶん前に利用をやめており、自分たちの事業をするにあたっては機械の導入すらしなかったので忘れていました。


これは結構大事なんですが、もし指定管理でキャンプ場をやられる場合、用意されている機器は役場仕様のものが多く、実はその経費だけで大変な額が必要な場合があります。


FAXのついている複合コピー機なんて月額レンタルでなんぼするでしょう。コピーするなら小さな家庭用プリンタで十分ですし、それすらBtoBであればスキャンや今であればスマホ撮影で十分です。


A3をコピーできない・・・、なんてときはコンビニに行けば問題なし。A4から拡大すればすぐに必要なだけ用意できます。そんなに量は必要ないはずです。それが経費削減の必修課題。


今はどうなったかわかりませんが、その昔リクルート系OTAでは登録にあたってFAX番号が必要でした。そのOTAを通しての予約があった場合にFAXが送られるシステムになっており、「トラブルが起きた場合にこちらにはちゃんと送ったぞーという証拠がある」って言いたいだけのルール。


かなり前に化石化されていたと思っていたんですが、中には時々FAXでのやりとりを希望する会社もいらっしゃいます。


はんこもそうなんですが、実はオンラインでやりとりできないものの多くは地元の業者or方とのやり取りが多い。。。。。。


ここは悩みどころだったんですが、こういうニュースが多く出てきてうれしいですね。少しずつでも意識が出てきたことによって先方に伝えやすくなります。相手が会社さんであればさすがに「FAXはちょっと。。。」って嫌味も込めて伝えやすくなります(笑)。


FAXやはんこを例にとりましたが、真意は過去を見直すいい機会だということ。技術は常に進化しており、それを受け入れることができるとおのずといろんな戦略が立てられるようになってきます。


ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画