• hitoodoru kikaku

スモールビジネスに立ち返る

キャンプ場のウェブ戦略・実務を受注します、徳島県のヒトオドル企画です。


指定管理のご相談から受け付けております。


現在、コロナ禍による営業自粛をされているキャンプ場も多い中、今までとは異なった集客方法で効率のより集客、営業をお考えの場合是非ご相談ください。


ウェブ戦略を用いることにより、「お客を待つ」という受動的な営業態勢から自分たちでお客を呼び寄せるという営業スタイルに変換し、必要であれば休日や休業などあくまで営業している側の主体性でキャンプ場を運営することができるようになります。


それには単純なことですが、「仕組み」を作り替える必要があります。


是非、一度ご検討を。


現在はSNSでもなんかネガティブな意見が目立ちますね。時節柄、皆さん大変なご苦労をされているようです。


私も実営業がないので時間を持て余し気味になり、SNSに割いている時間がすこし多くなってしまっているのかもしれません。


世の中の多くを知っていることと、多くのことに気付いているのではまったく意味合いが違うはず。


知識ではなく、気づきをもっと増やしたいなぁと思うこの頃。


そうするとおのずと目を閉じての瞑想タイムになります。


蒸し暑さがありますが、雨が降ったりするとその涼しさと心地よさは格別です。こんな状況でもブレない落ち着きを取り戻せます。


さて、先日お伝えしていた新しいプロジェクト、小さなゲストハウス(ホステル)の取得を断念しました。


誰も引き受けてのない古いラブホテルだったのですが、なぜか盲目的に自分しかやれる人間はいない、ぐらいに思っていたのかもしれません。


そのラブホテルを宿泊メインのホステルに変換し、営業をしようと思っていたのですが、一緒に事業をしようとしていたパートナーが手を引いたことにより、改めて考察してみると確かに自分たちの標榜するスモールビジネスのやり方としてはあまり合理的でないと判断しました。


一応、鉄筋造りなのですが、思ったより古くてですね、取得費とは別に大幅な改修費がかかることがわかりました。


それは機能とデザイン性のリフォームとは別に、水回りなどのインフラだったので、当初組んでいたリフォーム代の倍ほどかかるとか。。。。


当然融資をお願いすることもできるのですが、今度はそこまでかけるほどの立地条件なのかという。。。


難しいですね。建物の取得費用がもう少し安ければバランスが取れていたかもしれませんが、パートナーはこの辺りの物件をたくさん持っている不動産王。


その人のインスペクションからして中々厳しめの物件ということで、今回は断念しました。


上記で触れた自然体になれる瞑想などからも、ものすごく頑張って営業してこんな田舎町でも8割の稼働率をとれる宿泊施設!というのを目指すより、最低限の宿泊稼働率でも効率よく稼ぎ、赤字にはならないという小さな営業スタイルを目指しています。


そのためには建物の取得費と耐用年数などがうまくマッチしていなかったということでしょうか。


弊社がキャンプ場の指定管理をお勧めしている理由の一つが、宿泊業を始める際の物件探しのむずかしさがありました。


気に入った物件を探し当てるにはそれなりの根気が要ります。


その点では放置されたキャンプ場は宿泊施設としての設備は整っており、また地域に貢献しやすく、宿泊業という経験も重ねることができる恵まれた条件。指定管理になれば初期費用すらいらないでできるわけですからね。


その間に内部留保をしつつ、新たな物件を取得し色々な方向に転換できるようになるわけです。


その一歩目だったのですが、そこで大きな融資をえるより現在積み重ねてきた分を結果として新たな投資に回すのが正解かなというのも上記の理由に加わったので、今回は見送りました。


現在は新たな物件を自社で購入できるレベルのものにしようと思っています。これにより目標が見えやすくなりました。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画