ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

体験プログラムを展開する体力がない弊社

指定管理のキャンプ場運営サポート、ヒトオドル企画です。


先日紹介した同じ県内の指定管理案件ですが、無事クローズしたようです。弊社としては締め切り1週間前に知ったこともあり、とても応募できる状況じゃありませんでしたが、もし応募が無くて再公募という形であれば検討予定でした。


しかしながらウェブサイト上ではしっかりと閉じていますので、新しい会社が入る予定なんでしょう。


弊社のような小さな小さな会社なのか大手でいくつも指定管理を手掛けている会社なのかわかりませんが、前回はそれで残念な結果になっているので同じ轍は踏まないでもらいたいものです。


そちらの施設のウェブサイトは前管理者の時のものが今でも見れます。


そこから推測するとやはり多彩なメニューにより、経費が多くかかりすぎてしまったのかなと思います。


先日紹介したレストランもそうですが、「教育」という言葉の響きに釣られる親御さんが多いのか「体験メニュー」がたくさんあります。


野外教育・非日常の経験・自然体験等、色々な言葉がありますが、そこにはなぜかスマホゲームはダメだけど、自然界のゲームはOKという不文律があります。


お客様に聞くと大体「実際の体験をさせたい。ヴァーチャルなものでなく」とか、「ゲームは誰かが作っているけど、人間の力の及ばない自然相手のゲームを体験させたい」という意見でした。


なるほど。


弊社でも春の期間は大きなEボートを使って川下り体験および川の中州に上陸し焚火体験も行っており、今年も昨日からの事業開始になりますが、このような自粛ムードの中でも複数のご予約を頂いています。


主催者は弊社の近隣にあるアウトドアツアー会社。弊社は共催というか後援というかサポート側です。


最初は弊社独自のやり方で年間募集をかけてやろうと思っていたのですが、計画中に事業として使う予定のEボート(10人乗りのゴムボート)で先んじていた会社が次々と撤退していきました。


その際に、今主催をしているアウトドアツアー会社と話して現状を聞くと、あまり需要がなく撤退している事業者が多いとのこと。


そしてこのボートは大きくて非常に扱いにくく、一人では事業ができません。


その時に断念したものの、また別の会社が京都で春の期間だけ出しているという情報を頂き、それを調べたところ、今の主催者もそれならやってみたい、ということで、こちらのニーズと合致した次第です。


アウトドアツアー業者としてもこの時期はあまり売れ行きが無かったこと、弊社としては卒業旅行のニーズが結構あるので宿は忙しいものの、桜の名所である面ではあまりアピールできていなく(部屋からは桜が見えづらい)、何か別の方法はないかと模索していたところにうまくはまりました。


昨年から始め、今年は業者さんの方から今年もやりたいと言ってもらえ、弊社としても春の風物詩として少しだけ認知度が上がったかなという感じです。


弊社の道具を使うのでその分を頂くだけで後は基本的に業者さんの取り分。


自分たちに体験メニューを提供できるだけの体力がないと判断し、アウトソーシングしながらも時期限定によるプレミア感もあり、弊社を通して周囲が元気になってもらう意味でも抱え込むよりだいぶ良かったと感じます。