ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

初めてのキャンプ場運営。初期費用の少ないブルーオーシャン

キャンプ場運営支援・サウナ大好きのヒトオドル企画です。


サウナ大使とも呼ばれている漫画家のタナカカツキさんはその著作でサウナにマインドフルネス的なものを求めていると言及されている箇所がありますが、私もまったく一緒。


どこでも瞑想しているうちにサウナに行きつきました。


さて、今回のタイトルはどうも陳腐ですが、今までもお伝えしていますが、地方の鄙びたキャンプ場を運営するというのは、宿泊業に飛び込もうとする人の中ではなかなかよい選択だと思っています。


お金をためて、人気のある都市で絶対にゲストハウス!とかでなければ、恐らくほぼ稼働していないキャンプ場に住み込みながら息を吹き込むのが最も早く確実な手段。


というのも、最近Twitterで回ってきたのが、キャンプ場開業のために尽力しており、かなりのところまで来ていたのに、結局許可関係の不安要素が見つかり、行政側がそれまではOKしていたのに急に、ひっくり返され無に帰したというつぶやき。


これは辛いですねぇ。でも、そのすぐ後に新たな物件、居ぬきも含めて精力的に動いてらっしゃるみたいなので頼もしい限りです。


ゲストハウスをやるにしても本当に気に入った物件を見つけるには2年はかかるといわれています。そこを営業できるまでにするにはまたそれからかかるわけです。


であれば、やはりもう出来上がっているのにつかわれていないキャンプ場にチャレンジするのは大変お勧め。地域の中にゲストハウスはあってもキャンプ場が乱立していることはまずないと思います。


キャンプ場は広大なスペースがあって管理が大変そうですが、繁忙期は決まっていますからそれ以外はそのスペースを生かして何か別のことをすることも可能なわけです。それによってよりキャンプ場としての尖りを追及できますしね。


キャンプ場、というより自然を相手にする仕事は本当に自然の流れに身を任せながら、その隙間を別のことで埋めていくというのが心地よくはまります。


それはまるでMATCHのよう?

都市伝説のようですが、皆さんも聞いたことがあるでしょう。徳島県の誇る大塚製薬が出しているMATCHという炭酸飲料。微炭酸でとてもすっきりするんですが、これは大塚が出しているオロナミンCとポカリスェットを足したやつだという噂。 オロナミンCは全国にとどろき、その生産数だけでもものすごいですが、ポカリに至ってはアジアまでも席巻しています。その2つの強力なラインとまったく違う、のではなく、その2つの強力なタッグで別の商品を作り上げたわけです。 MATCHのクオリティが高いのはもちろんですが、特筆すべきはその開発にかかった費用でしょう。


実際のところはいくらかは知りません。他の飲料と比べてもいません。


それでも推測だけで、他の新しい飲料を開発する費用と、今あるものをもとに開発であれば圧倒的なコストの差があることは容易に想像できるでしょう。


今あるキャンプ場を志しのある人がやればこのような低コストで社会に還元できるんでは、というのが私が推し進めている話です。