• hitoodoru kikaku

地域限定種の旅行業登録にかかる費用

キャンプ場の運営支援・予約管理代行・ウェブ担当受注・指定管理公募支援のヒトオドル企画です。


先日のエントリーでも旅行業登録に関して書かせていただきましたが、実際弊社でもどうしようかもう一度需要を洗ってみたところ、恐らくかけたほどのリターンは得られないのではないかと思っています。


まだこの点に関しては十分な議論が必要だと思いますが、キャンプ場としてキャンプ客の過ごし方の質を上げられるような戦略である当施設としては中途半端になってしまうのではないかという声が内部からあり、一理あると考えているところです。


宿泊業でありながら旅行業登録されているホテルなどもネット上では確認できますが、徳島県に至ってはほぼ登録なし、登録していたとしてもほぼ活動なしとのことでした。


今回弊社が狙っていたのは「地方限定」種と呼ばれるもので、営業所のある市町村と隣接している自治体のみツアーを催行できるという旅行業登録の中では最も扱いの小さい種になります。


旅行の種類として大きく分けて企画旅行と手配旅行がありますが、手配旅行とは旅行とはついていますが、実際は飛行機などのチケットの手配のことを指します。企画旅行というのは実際の旅行商品のことですが、ここも2つに分かれて、一つは募集型。業者側で旅行商品を作成し、販売。お客さんを募集するということで企画旅行の募集型といわれています。もう一つは受注型。これは社内旅行など、「どこどこに3日くらい行きたいんだけど」という提案をベースにお客様と一緒に作っていくタイプのものになります。


そのすべてを制限なく扱えるのが第1種。企画旅行の募集型で国内のみしか扱えないのが第2種。受注型の場合は海外も行けますが、旅行業務取扱管理者は「総合」でなければなりません。また企画旅行の募集型で隣接自治体のみなのは、第3種と地域限定種。この二つの違いは受注型になったとき、3種であれば特に制限はなく、1種や2種と同じですが、地域限定種の場合は受注型でも隣接自治体のみと制限されています。


種によって営業にかかる営業保証金の値段が変わってくるので、その辺はちゃんと考慮しなければなりませんが、ここも登録先であり県に、納める営業保証金は地域限定種の場合15万円になります。(Ex. 1種 7000万、 2種1100万、3種 300万)


ただし、これを「旅行業協会」というところへ加入すると弁済業務保証分担金として営業保証金の1/5を納めるだけでいいのです。


旅行業を登録し、催行するときに最も気を遣うのが不測の事態で発生したときのお客様への補償です。その点をカバーしてくれるのがこの旅行業協会の弁済業務保証分担金です。


15万の1/5。3万円ですね。実際は組織としての基準資産額も(地域限定種の場合100万円)決められているので、3万円でできるわけではありません。


それにしてもおもったより安い、と思うのは早合点で、旅行業協会に登録するのに費用が掛かります。


まず旅行業協会も二つあり、一つは日本旅行業協会、通称JATAです。こちらは1種の旅行業登録をしているところの登録先になります。


そしてもう一つは全国旅行業協会、通称ANTAです。2種以下の旅行業登録はこちらへの登録となります。


ということで調べたところ、全国旅行業協会に入会するには、①弁済業務保証金分担金3万②全国旅行業協会入会金40万、年会費2万5千、③全旅業徳島県旅行業界入会金10万、年会費1万④徳島県旅行業界出資金2万、一般賦課金3万2千とかかります。


計617,000円ですね。おお、やはりそんなに甘くはないですね。これのほかに申請書類代や申請料金(県に払う)ものなどがあります。


なるほど、これだけの初期投資をしてリターンはどれくらいかというと宿泊業の片手間でやるくらいだとどうも合わないんじゃないか。故に宿泊業で旅行業登録をしているという例が県内では見当たらなかったのかなぁと思っております。


完全にやめたわけではないのですが、現在同時進行で4つほど新規事業の準備をしており、今のところ一番事業のリターンが少ないと見積もりを出してもらってます。。。。


それでもやる価値があるのか引き続きモニターしていきます。


0回の閲覧

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画