• hitoodoru kikaku

完全無人化キャンプ場のモデルケース①

キャンプ場の予約管理代行、ヒトオドル企画です。


現在運営しているキャンプ場では、よりサービスを絞りながらもホスピタリティはあげていくというポリシーの元で営業しているというのはお伝えしたと思います。


そのための仕組みづくりに腐心している様子をお届けしています。


このコロナ禍で一気に広がりつつあるリモートワークやハンコ廃止。このパンデミックがいつ収束した後にはより多様な働き方が容認されるだろうと推測します。


このような事態でなくても、本来であれば合理的な勤務形態や労働環境を目指すのであればハンコのための決済待ちなどの無駄が多い時間は極力削られるはずです。


労働人口が少なくなる今後においてより効率を上げるためには必須でしょう。


当然、お客様とのつながりが楽しみでキャンプ場をやっているという方もいるでしょうし、それを否定するものではありません。


では、そのノウハウを如何に宿泊業に置き換えられるか。


手段としてはいくつもありますし、その中でもキャンプ場はまた異なるかもしれませんが、実際に小さなホテルで行っている例をシェアしてくれている方がいます。


ホテル運営もリモートワークしてみた~


石川県の金沢市でゲストハウスを数軒運営している方のNoteです。


項目に分けて実際に導入している例を挙げてくれています。


①予約はオンラインのみ


これはBeds24というPMS搭載のサイトコントローラーを使っているそうです。サイトコントローラーは過去にも何度も取り扱っているので今回は避けますが、PMSとはプロパティ・マネージメント・システムというもので、予約・変更・キャンセル・部屋割りなどを自動的にやってくれるシステムです。


便利ですよね。


Beds24についても確か記事にしていると思うので詳細は避けますが、国内の多くのサイトコントローラーはPMSは搭載されていなく、頼む場合は別料金が発生します。


その中でBeds24は標準装備。また、最近ではダイナミックプライシングなんかも力を入れていますね。


問い合わせをするとすごい勢いで社長自ら返信いただけます。


ただしOTAとの相性があり、現在当施設で導入している「なっぷ」と接続ができないようになっています。「なっぷ」はどこのサイトコントローラーとも接続できません。


肌感覚でいうと多くの現状維持(当施設含む)キャンプ場はやはり国内最大手のOTA「なっぷ」を選択し、ちょっと後退傾向にあるキャンプ場は「じゃらん」を選択している気が。


どちらにしろ、現在Beds24とは接続できません。


ですので「なっぷ」のみで行うとしたらすべての予約を「オンライン決済」で扱うようにすれば一応可能だと思います。「なっぷ」では設定できます。


PMSの機能がないので、部屋割りなどやることは少し多くなってしまうかもしれませんが、そのあたりも同じタイプの部屋でもすべてプランとして設定しておけば可能でしょう。


「オンライン決済」の場合は変更やキャンセルなどもすべてお客様の方でやっていただく必要がありますが、それを周知できるかどうかだと思います。


この①を満たすために電話や窓口対応を全く持って捨てる必要があります。このホテルの場合だと、ホテルの中にはレセプションがないのでお客様と対面する必要がありませんが、管理棟があるキャンプ場の場合はどうしてもお客さんが来てしまいそうです。


当施設は、日常的に管理棟に誰もいない場合があります。場内清掃などが主です。その場合は入り口に立て看板で「見回り中」としており、特に問題ありません。


電話にしてもGoogleマイビジネスなどは電話番号を削除しており、かかってくる本数を減らしています。また、ウェブサイト上でオンラインでの問い合わせをお願いしており、なるべく電話対応をしないようにしています。


これはいくらやってもやりすぎなことはないと思いますが、継続して訴えていく必要があると思います。


本当に単純なことですが、予約をオンラインにする、というこれだけで業務効率はぐんと上がるはずです。


取り組む価値はあると思います。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画