ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

年末のキャンプ場訪問

キャンプ場の集客支援・予約管理代行・指定管理公募支援・ウェブサイト作成・ウェブ担当受注のヒトオドル企画です。


当施設は定休日を設けていますが、まとまった休みというのは年末年始だけです。


本来は稼ぎ時である年末年始ですが、これは役場が管理をしていたころの流れでそのまま受け継いでいます。


年末年始の稼働もスタッフ間ではいつも話題になるのですが、実現には至ってません。「でますよ」と言ってくれるスタッフを傍目に私がストップをかけている状態です。


恐らく一度稼働させてしまうと、今度は中止するのが難しくなると思っているからです。


昨今の風潮からすると年末年始を休むことが当たり前になりつつあります。そこには設けるお金よりも大事なものがあると感じている次第です。

さて、年末に愛媛県西予市のあけはまオートキャンプ場きゃんぱに行ってきました。


テント泊ではなく、今回はケビン利用です。


年末はいつもどこかへ行きますが、今回は準備が遅かったこともありなかなか空きがなかったところを2日前に予約できて、どうにか滑り込めました。


当施設が山の中にあることから海に対してのあこがれは強く、いつも海沿いのキャンプ地を選びがちですが、今回も非常にいいロケーションでした。


気温が5度くらい違うのではないかというくらいで。


雨模様ではありましたが、それでもきれいに整備されたビーチが目の前の視界は格別。


夏は間違いなくにぎわっているのだろうなぁと感じました。


恐らくビーチを含め一体を行政側が開発したのでしょう。アクセスこそ便利とは言えない距離でしたが、周辺にお風呂や民宿(そこで食事も可能)もありました。ただ、このお風呂と民宿は今は別経営みたいですが、今後は一体になるとの張り紙がありました。より利便性が高くなるのでしょうね。お風呂に食事処がつくイメージでしょうか。


さて、キャンプ場はケビンとトレーラーハウス、あとはテントサイトに分かれており、ほとんどがテントサイトのお客さんでケビン利用者は我々だけだったようです。トレーラーハウスの利用者も見かけませんでした。


息子と二人で泊まりましたが、ケビンは非常に豪華でした。これまで利用した中でもトップクラスの充実っぷり。


まず2階建てのケビンにあまり泊まったことがありませんので、寝室と居間がドアだけでなく階によって区切られているのは大変過ごしやすかったです。


キッチンも充実していましたし、トイレ、お風呂など非常に使いやすかったです。


普通に人が定住できるだけのスペックを搭載しているお部屋です。


洗濯機、テレビも装備されており、BSが見られるTVはなかなかないですね。


Wi-Fiはありませんでした。


2階はベッドが備え付けになっており、お布団付き。吹き抜けになっているので階下との解放感が気持ちいいです。


また写真の正面の窓はアルミ枠の窓ですが、左側の斜めになっている窓は木枠になっており非常にデザイン的に落ち着きます。


建築学などは全くわからないのですが、これはじつに憧れますよね。横に引っ張って開けるのではなく、外に押し出すようにして開けるやつです。


そしてその眼下にはトップのビーチ越しの風景が見えるわけです。


広さ、設備の充実度、デザインなど多くの点で非常に充実した施設でした。


今回も計画の甘さからちょっと食事をとるのを苦労してしまいましたが、高速を降りた時点で必要な食材などを買い込んでおくとより充実したかもしれません。年末ということもあり、近くのお店がやっていなかったのでした。