ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

愛される施設にするために当施設がしていること

キャンプ場の運営支援・予約管理代行・ウェブサイト受注・指定管理公募支援のヒトオドル企画です。


Booking.comやAirbnb、その他のOTAでコテージやログハウスという言葉で検索すると素敵な施設の写真が現れます。


その中で皆さんの大事しているものはありますか?


当然、その写真の枚数や精度、お客様がその写真をみて「いいな」「いってみたいな」と思えるような写真になっていますか?


やはり写真一つとるのもプロと呼ばれる人がいますからね、もし自信ない人は検討するのも一手です。


弊社から派遣することも可能ですので、ご相談いただけたらと思います。

さて、昨日上げたブログでは書ききれませんでしたが、他施設にいってその設備の充実度に驚かされることはたびたびあります。


半面、施設の質はそこまでたかくないかもしれないけど、使い勝手の良さを効率よく実現されているところもあります。


当施設もキャンプ場としての基本、管理棟がない、ゲートがないなどのないない尽くしだということを踏まえたうえで、毎回、どこか他所の施設を訪れるたびになんかしらの気づきがあります。


そして行き着くところは、必ずこれ。


「結局うちはうち。愛情を注ぐことによって持ってるポテンシャルを十分に引き出そう」


前回の施設も大変設備は充実しておりましたが、いかんせん、管理している方たちの思いみたいなのは伝わってきませんでした。


そこはキャンプ場だということでなく、ホテルでも旅館でも共通しており、私自身が本当に泊まりたいホテルというのは管理している人の愛情が反映されている、というのがとても大事です。


それはきれいに刈り取られた庭の芝生でもいいし、洗面所に活けた小さな花でもいい。きれいに掃除された風呂であったり、客を思ったんだろうなというのがわかるベッドメイキングでもいい。


どうしても職業柄細かく見てしまいがちですが、これは大体記憶をたどりますので泊まっているときにはあまり気にしていません。


「今、ここ」というマインドフルネスの教えに従い、その時は全力でその場を楽しんでいますし、その時に嫌だったなという気持ちを流す方法を心得ているので、比較的評価は甘いほうです。


経験則からいうと、やはりキャンプ場、特に指定管理を受けているところは基本的に利用者を思い描いて、施設運営をしているところは少ない気がします。


逆に好きでキャンプ場をやっている場所なんかはお客様とのコミュニケーションがすべてだというくらいお客様に対して全力で向かってきます。


だからリピーターも多いんでしょう。その代わり、そこまで施設の充実度にこだわっているところは見たことありません。


これはホテルや旅館でも同じでしょう。お客と向かい合っているところはその愛情がその施設に反映されています。


経験則からだと指定管理の当施設はやはりお客との向かい合いがいまいちなはずなので、そこに注力しています。


愛される施設にするのではなく、もっともっと施設を愛していって、愛にあふれさす。


それがお客様に伝わるはずです。