• hitoodoru kikaku

所有しない世代の台頭

キャンプ場の運営支援・熱帯果樹栽培・集客コンサルティング・指定管理公募支援・予約管理代行のヒトオドル企画です。


以前のエントリーでも書いたことがあるかもしれません。


昨今では所有しない世代といわれる方たちが増えてきました。それこそ一昔前はシェアハウスですかね、個人で契約、もちろん契約は個人がするものですが、大きな家を複数でシェアすることによってつながりを大事にするというムーブメントが起きました。


恐れながら、私自身経験したことないのでご利用している方たちの心情は計り知れないのですが、今現在も続いており、シェアハウスを心のよりどころにしている方も少なくないようです。


これは物理的にも新たなアパートを建てるより、いまある一戸建てをオープンキッチンにして各部屋に人が住めれば無駄がなくて済みます。


このようなエコロジカルな考えは私自身大変勉強になりますが、残念ながら世の中にはその無駄でお金を儲けている人たちがいるのでそこを無下に排除できない理由があるようです。

それでも、新しい世代はどんどんそこを切り開いている感覚があります。


そしてそれに呼応するようにトヨタなどの大手の会社もサブスクリプション制を持ち出しています。


車を買うためにローンを組んで、というが当たり前だった10年まえ、突如、新車をローンで買えるよりリースできるみたいな新サービスが始まったと思いましたが、正直私の周囲ではほぼ活用している人は見たことがありませんでした。


それが今では大手すら積極的に参加する一大サービスになっています。


月々ローンを支払う額で車検やメンテナンス費用込みの値段で乗れるというのであれば、あとは所有欲を満たしているかどうか、というくらい。


どんどん意識が変わっていくのがわかりますね。


住宅にしてもそうですね。


恐らく本来の意味では事務所を持たないで仕事をしている人を表すのがノマドワーカーだったと思いますが、今では本当に住所を持たずに旅をしながらネット上の仕事をすることで働いている人達も増えているようです。


「旅のように暮らす」なんていうのよく聞く言葉ですね。


正直、お金のやり取りなどあるでしょうから銀行口座は必要だと思いますし、そのためには住所が必要なはずですが、恐らく実家の住所などにしているのでしょうか。


日本国内だと新しい価値観のような気がしますが、欧米ではキャンピングカーに乗ったまま旅をつづけながら生活しているような人やバックパッカーとして世界中を回っている人たちをよく見かけます。


そのような多様な価値感が認められてきたということでしょうか。


「いい車にのって、いい家に住んで」みたいな価値観も無くなってはいませんが、それを人に押し付ける、という価値観が変わったのだと思います。


「ここで生まれて育ったからここから離れられないんだ」という価値観を大事にしている人は否定しませんが、そういう人はその土地や物への帰属意識が強すぎて、他人がそこに入り込もうとすると「よそもの」と攻撃する気風があるそうです。


所有しない世代にはそれが理解できません。だってあなたのものじゃないから。


所有に執着してしまうとその人自身の視界は狭くなり、次の世代と向き合うことが難しくなります。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画