• hitoodoru kikaku

新型コロナウイルスによる影響が出始めました。

指定管理者制度のキャンプ場の運営サポートをしています、ヒトオドル企画です。


先日、新型コロナウイルスによる影響によってインバウンドに注力している施設の心配とそこまで依存しているわけではない施設について書きました。


状況は刻々と変化しており、公立の学校をお休みにするという動きも出ていますし、当施設のある徳島県でも感染者が確認されています。


ちょっと前までは「なんでも自粛ってのは・・・」的な意見も散見されましたが、欧州ではイタリアをはじめとした各国で結構強行な策がとられているからか日本国内も危険度レベルが一つ上がった気がします。


日本政府がクルーズ船ダイヤモンドプリンセス号の対応について批判されている向きがありますが、イタリアは同様にクルーズ船の対応がかなりヤバかったと指摘されているようです。(ソースはtwitter)


有識者も少しずつ意見が重くなってきたように思いますが、これでいいほうに解決してくれると「だから言っただろう」と言ってきそうです。


3月には香港に出張予定だったんですが、キャンセル予定。香港ではいち早く学校や役場を閉鎖しているようです。

そしてこんな記事が紹介されています。


「感染恐れ人込み脱出 キャンプ場の利用客は2割増し」


全然実感ありません。というか、ほんの2,3日前まではこの通りだったんですが、皆さん気づいちゃったと言いますか、キャンプ場自体は確かにオープンエアなのですが、そこに至るまでの道中は自家用車であっても途中、サービスエリアや道の駅によったりするでしょう。


そういったところに潜む危険性を指摘され始め、オープンエアな場所にたどり着くまである程度の我慢を強いられるのであれば、なんか無理にいかなくていいよね、という感じでしょうか。


当施設もキャンセルが出始めました。


すこし入っていたインバウンドは当然かなと思う反面、スポーツ大会などが予定されていてサッカーチームなどの団体が入っていたのですが、大会自体が中止になったことにより、キャンセルとなっています。


これを「痛い」というのは簡単なんですが、実のところ3月になるとほぼ毎週スポーツ関係の団体が入っており、それがすべてキャンセルになると売り上げは現在入ってる分の半分になるかもしれません。


さすがにここまでなると戦々恐々としてきますが、幸い今年に関していえば今のところでまるで停止したところでどうにか黒になるように持ってはいけると思います。


決算が3月末ですので残り1か月であればどうにか行けそうですが、同時に4月からの売り上げの見通しも立たずじまいでなかなか難しいですね。


さて、ピンチはチャンス。


この機を狙って何かできることを探してみたいと思います。


ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画