ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

新規事業の可能性

キャンプ場運営支援・指定管理公募支援・予約管理代行・ウェブサイト作成のヒトオドル企画です。


キャンプ場に関連した事業はいくつも行い、その中から生産性の高いものが今は残っている形ですが、同時にまだまだチャレンジしつつ、また過去に一度手離したものでもやり方を変えることによって生き返るものも常に模索中です。


キャンプ場といえば多くの方がアウトドアアクティビティも考えており、川沿いにある当施設でも当然やろうと思えばカヌーアクティビティなどが行えます。


また私が日常的に取り組んでいる瞑想などマインドフルネスの実践をプログラミングも行っていましたが、こちらも現在は休止中です。


お客様が来る時期がうまくコントロールできず、繁忙期に大量の申し込みがあることで宿泊の方にも支障をきたすようになったからです。

このような経験から弊社の新規事業というのはキャンプ場でありながらなるべくキャンプ場につられない事業展開をしてきました。


現在でも田舎である当地では珍しい輸入品のインスタントヌードルが管理棟で買うことができます。(売り上げはいまいちです・・・)


もちろん、キャンプ場の運営支援というのも一つではありますが、これもやはり忙しい時期は被るので常に余裕があって回しているわけではありません。


半面、冬季などは来期の準備を十分すぎるほどしたところで先が読めないのはしょうがないので、もっと生産的なことをやろうと考えるのですが、これがうまくいきません。


乾燥させた薪を焚き火用に準備したり、その残りを炭にしたりしていますが、最近最も力を入れているのが切った竹を竹炭にする作業です。


一説によると吉野川の水害防止として植林された竹はその規模は日本一だそうで、それもその拡大に尽力したのが当地の旧自治体、三庄村の村長さんだったとのこと。


~出典~

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/bousai/190520.html


そういう意味でも竹林の適切な管理は必要なのですが、何よりも成長の早い竹。整備が追い付いてない状況です。水害防止としての機能性を高めるためにももう少し人の手が入るべきなのでしょう。


竹林には枯れた竹が流れてきてはそれが引っ掛かっています。その乾燥した竹を拾い集めては「無煙炭化器」で竹炭を作っています。


竹炭は多孔質で一説によると普通の炭の10倍ほどの脱臭機能・調湿機能があるとのこと。当施設でも各部屋のキッチン下やトイレ、軒下などに適度に配置し、調湿と脱臭機能に使用しています。


また、これの商品化も実験中で、調湿剤として販売する予定です。


何より資源集めにお金がかからないのとキャンプ場としての事業に時間的にバッティングしないので大変取り組みやすいです。


このような事業からでも安定収入が作り上げることができれば、さらなる事業への投資もできるので大変効率がいいと思います。