• hitoodoru kikaku

無料キャンプ場の未来

キャンプ場運営支援のヒトオドル企画です。


キャンプ場の中には無料で利用できるキャンプ場がありますね。


当施設に関しては全くの無料になっており、その仕組みに驚かれるお客様も多いです。


「無料」と言いつつも、施設の入場料や管理料などは徴収する場合があり、その辺を想像しているのでしょう。


全国的に一体どのくらいあるものなんでしょうか、今度調べてみたいと思います。


全く無料のキャンプ場の管理って?


当施設に関しては管理は地元の自治会の管轄です。これは経緯があり、美濃田の淵キャンプ村の中には有料施設と無料施設があり、それも管理が異なっているというお客様にとってはどうでもよくて非常に面倒くさい事柄でしょう。


先日紹介させていただいたモンベルアウトドアヴィレッジもすぐ隣に無料のキャンプ場がありますが、そちらはアウトドアヴィレッジの一部ではありません。


当然民間企業であれば最低限の対価がないと維持していけないからです。


基本的に全く無料のキャンプ場に関しては「行政」が運営しているのが普通だと思います。


昔はどの自治体にもあったキャンプ場も今では閉鎖するところが増え、今後も増加傾向でしょう。行政のハコモノと考えてもらっていいと思います。適切な利用方法をしているところは少なく、抱えているだけで赤字だということもあります。


民間がお金を投入して人を呼び寄せるツールになっている地域もあります。それによって雇用も生まれ、地域経済に貢献しているようです。しかしながら母体はその地域外の会社であり、収益率はそこまで高くありません。


それでも、何もしないよりマシ。そう思われている方も多いと思います。確かにそうかもしれません。全く経済活動が起きないよりかは。


そう考えると、無料のキャンプ場はどうなんでしょうか?


全く経済活動を起こさないどころか、よそから持ってきたゴミを置いてかれていませんか?

ゴミを置いていかないでくださいという啓蒙が届かない人もいます。


これを読んでいる人の多くは管理側の人だと思いますので、来てほしいお客様にだけ来てもらうためにはしっかりとしたストーリーが必要なのはお分かりだと思います。「私は無償で働くし、お金が有り余っているからこのキャンプ場は無料なんだよ」といえるキャンプ場がない限り無料は難しいでしょう。


無料は誰にでも来てもらう何の策もない時代にのみ通ずる技だったのです。




ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画