• hitoodoru kikaku

種まきを続けるが、違う畑になるみたい

キャンプ場の運営支援、ヒトオドル企画です。


コロナ禍により人々にストレスが溜まってしまっているように感じます。まぁ当然といえば当然ですよね。


人は制約されればされるほどストレスをため込むようになっていますのでこういう時こそ瞑想をお勧めします。


換気の良いところで、好きな座り方で構いません。背筋を伸ばして、目を閉じてみてください。


体のどこかに無理な力が働いていないか、目をつむりながらよく観察してみてください。つま先から頭のてっぺんまで一か所ずつゆっくり観察しましょう。


頭はごまかしますが、体は正直です。頭では「痛いかな、でも大丈夫」と考えても体はちゃんと信号を出しているはず。それをしっかり感じられたら、その個所を労わってあげてください。


まずは自分を許してあげてください。


以前は当施設内で瞑想体験も行っていました。私の趣味というか日課から飛び出したものですね。


これも当然なんですが、宿業が一番忙しい時に受注が増えるので両立するのが難しく今では不定期にイベントとして開催するのみになりました。


しかしながら瞑想だけではなかなか集客できないので他のヒーリングレクリエーションと組み合わせての開催になります。


そうすると他のスタッフの助けが必要になり、なかなか開催できないという悪循環になります。難しいですね。


仕組化することが大事だと思うのですが、参加するお客様の人数などによってあまり細かな対応ができないこともあり、少し棚上げになっている状況。これを書いているうちに久々に思い出してきました。ちゃんとツアーくまなきゃ。


さて、今日はまさにこのような状況で、弊社の主な収入源であるキャンプ場にひとしきり大きな影ができている今、一つの企業としてはキャンプ場に頼らない収入源をフル活用する必要があります。


上記のように、まったくキャンプ場と離れたわけではないですが、瞑想体験などの体験メニューはもう一度洗いなおしてみるのもいいかもしれません。


また最近では企業さんのSNS運用(ほぼGoogleマイビジネス)など少しずつ頂いていますが、同時に竹炭による脱臭剤製造・販売なども行っております。


更に、キャンプ場の管理棟で販売している輸入食品販売ですが、これもネット上に展開してもよさそうです。


半年前まではコロナ禍によるこんな状況を全く想像していなかったので、大規模な量を扱っていないことから敢えてネット販売は避けていたんですが、こういう状況になることによって今まで少しずつまいていた種、それも違う畑にまいていた種に芽を出してもらうように行動しなければなりません。


他にも流木によるインテリア販売など、おう、やることがいっぱいあることを再認識しました。


嘆いてばかりはいられません。


ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画