• hitoodoru kikaku

結局1律10万円だそう。

キャンプ場のIT戦略サポート、ヒトオドル企画です。


本当に有事なんですね。国、都道府県の動きがすごい活発になっています。


誰かの決定には当然反対意見もあるでしょうが、その色々な感情と感染症の恐怖と何とも言えぬ虚無感が毎日を支配しています。


それで天気が良かったりするので虚無感はますます大きくなったりします。


先に調べてお話ししていた持続化給付金ではなく、生活支援臨時給付金と呼ばれ、一世帯当たり30万円もらえるというお話はなくなってしまいました。


私自身は該当するので、その申請時期や方法などを調べているうちにあっという間になくなってしまったようです。


根強い反対があったのは承知しています。なのでSNS上でも大義を果たしたように「ようやく一律になった!」という声が上がっています。


それでも未だに「一律10万円」を貰う、貰わない、寄付する、地域で使うなど色々なアイデアが飛び交っています。



私どもの考えでは当初の30万円案はあくまで生活支援臨時給付金ですので、売り上げがない分、役員である自分の給与を下げ、その分を補填するつもりでした。


それもいつまで続くかわかりませんのでね、それを割り振って長期の分として担保できたら、売り上げがない分内部留保の取り崩しを少しでも遅らせることができると考えていました。


それが、実際には不公平のないようにということで、一律になりました。


そこで私が当初から考えていた通り、また先日の投稿でも申した通り、「生活支援のような救済策」として使われる一律10万であれば、やはり該当しない人は辞退するなり、寄付するなりしてほしい、という意見が上がってくるようになりました。


政治家やコメンテーターなど多くがSNSでご自身の意見を述べてらっしゃいます。


それが景気対策となった場合は仰るように一律に給付されるのでもわかるんですが、今回の目的はそこがはっきりしていません。


というか、30万円の時は(仮称)でしたが、「生活支援臨時給付金」という社会保障的説明だったんですが、なぜか今はその辺があまりはっきりしていません。


SNSの不特定多数の声は論拠が乏しいのであまり取り上げたくはないのですが、著名人による給与の減っていない公務員や国会議員は受け取るべきではないという声に反論が多くついており、その多くが「公務員だって前線で頑張っている人もいる」「保健所の職員なんかものすごい残業をしている」などの声が上がっています。


これらの声から一律10万円が生活支援ではなく、労いの報奨金化されてしまっているようです。


そもそも役場で残業代が出ていないとなればそちらは全くの別問題ですが、この給付金は今まで担保されていた労働の対価というものがコロナの影響で得られなくなった人の救済策というものではなくなったようです。


「自粛してくれてありがとう」→「俺も10万貰う権利あるぜ!」的な随分と短絡なもののようです。


当然、10万でも本当に窮している人に回ってくれればそれはそれでいいんですが。


自分たちの会社がとても小さくいつ吹き飛んでもおかしくないところで当施設は早い段階で営業自粛を決めました。地域の中では早いほうだったんですが、SNSの情報としてはもう結構宿泊業の中では徐々に閉め始めているひともいるところでした。


目に見えてキャンセルが増え、同時に緊急事態宣言も出され、いよいよかというところに県でも往来の自粛などの要請が来たことによります。


それでもここまでフットワークの軽い判断ができたのは、やはりファイナンスの問題。


正直、この給付金の問題もありますが、何より小さい若い会社、更に収入の多くが指定管理者としてキャンプ場運営をしているところでは思い切った英断だったと思います。


それは毎年着実に会社にストックを入れていたところ。


キャッシュの量は大したことありませんが、それでも4か月くらいだったら売り上げが無くてもスタッフに給与を出すこともできますし、自分の報酬も少なめの設定だけど食ってはいけると思います。


まぁ、これは本来新しい事業のためにとっておいたお金でもあるんですが、こういうときにちゃんと使えるお金であってうれしい限り。


また貯めていけばいいだけの話ですからね。


やはりお金は生きた使い方をしなければいけません。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画