• hitoodoru kikaku

自然が教えてくれること

キャンプ場のウェブ戦略を受注しています、徳島県のリモートワーカー、ヒトオドル企画です。


ウェブ戦略なんて言っていますが、キャンプ場を運営しているだけあって基本は自然が大好きです。


雑念が多いので瞑想を好みますが、特に落ち着いた自然の中での瞑想で自然に触れる、というより一体化される気がしており、特に好みます。


アイデアに価値がなくなったのはオンラインが発達し、検索すればなんでも出てくるからと言われています。


それでも自分の中に沸き起こる何かを感じることのできるインスピレーションは案外身近な自然の中にあると思っています。


好きな画家としてエゴン・シーレがいるのですが、彼の作品もさることながら彼の残した日記にも多くの芸術家の溢れていました。


残した言葉として記憶に残っているものがあります。



「僕はあらゆる自然の中に神を見ます」

衝撃的な言葉でした。オーストリアの人ですからクリスチャンだと思いますが、我々の八百万の神に近い価値観です。


自然と向き合う環境を提供する、という姿勢を当施設は一貫しています。


お客様のニーズも多様化しているのでそれらがすべて受け入れられるわけではありませんが、何よりのぜいたくだと思っています。


最近では「サウナ」が大変ブームになっています。私も大好きです。最近はコロナの影響下でまったく行けていないのですが、近年のブームは目の見張るものがあります。


今までのサウナとは異なり若い世代の方も行けるような取り組みが各所で取り上げられることによって本当に広がりを見せているようです。


特にキャンプ業界では、キャンプとサウナの親和性の高さからアウトドアブームの一つの要因として挙げられるまでになってきました。


おしゃれなキャンプとおしゃれな食事。そして自然との一体感を極限まで高めるサウナ。


これらは今後も持続するのでしょうか?


ある大手サウナでは日本独自に発展したサウナ形式と本場フィンランド式のサウナが併設されています。


フィンランド式といっても日本のサウナ内にあるので男女が分かれていたりすべてが同じではありません。


テレビなどはなく、自然に近いようなるべく電機の明るさも絞ってたり、フィンランドの田舎の家庭にあるような環境づくりをしています。すごいこだわり。


疑似ながら確かに普段のサウナとは異なった感じを受けます。なんというんでしょうか。レジャー感が薄いといいますか、フィンランドに行ったことないのに生活感、リラックスできる空間、そんな受け止め方ができます。


言語化すると、これはデンマークの言葉なんであまり説得力はないのですが、やはり「ヒュッゲ」的幸福感。


管理する側も利用する側も適度に科学の恩恵を受けながら、自然と向き合う時間を作って、更に自分自身とも向き合うような大切な時間のことです。


当施設も同様にお客様の幸福感が増幅するような環境をご提供できたらと思います。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画