• hitoodoru kikaku

観光業界の次の一手のそれぞれ

キャンプ場のウェブ戦略を受注しております徳島県のヒトオドル企画です。


ウェブ戦略といいつつ、技術的には明るくないですし、そこまで深い専門性があるわけではありません。


常に勉強をしているところですが、そんな姿勢をみてお声かけ頂いたことが何度かあります。


ほんの少しの知識と経験を駆使しながら、顧客と向き合うことによって、またはスタッフのような個人と向き合うことによって、その主の望む姿に近づく方向性を示せることがわかり、また人に教えることによって一気に自分の力になるということも体感したので、このようにコンサルタントとしてやらせていただいております。


ですので、ウェブ戦略に限らず、運営の効率化、またはそれによってもたらせる生産性の向上は未来への課題だと思っており、同じ志の方に届けばいいと思っている次第です。


さて、先日紹介したNewspicks Studiosの観光業界の今後についての回、視聴されましたでしょうか?


https://twitter.com/NewsPicksStudio/status/1262579295551029251


こちらから見れると思いますので、よろしかったら是非見てみてください。


正直、Newspicksは志向の強い方(!?)用に構成されているので、あまり参考にならなかったり、あまりキャンプ場としての相性がいいと思っていない方もいるかもしれません。


弊社としては、経済観念のない行政との付き合い方をどのようにし、施設を維持、雇用を維持、地域を維持のための必要な経済活動を常に模索していることから、大変参考にさせていただいております。


今回のお話は集まった方の中に行政関係者がいないというのは先のエントリーでも紹介させていただきました。


そこは残念なところですね。


というより、これでやはり行政との距離は適度に保たないと商売成り立たない説が立証されたような(笑)。


そういう意味でも民間でどのように仕掛けるかに話の比重が置かれており、とても面白い意見が交わされていました。


印象に残ったのは龍崎氏。既存の宿泊業にいろんなアイデアをぶつけ、変革を起こしてらっしゃいます。


今回も、今後の観光業に関して「脱観光」を提言していました。


星野氏が焦ってましたね(笑)。


ただ、これもお話を聞けば概念の違いなだけでほぼ納得。既存の観光と呼ばれる産業と距離を置かれていたエンタメや人を呼べるコンテンツをもっと磨こう的なお話だったと思います。


今でも、お芝居を見に行ったりして移動行為を促しているのって主体的に見れば「レジャー」で観光とは違う、って思ってる人もいると思うんですが、そういうのも含めて、消費行動を促そう、と。


また、インバウンドによる観光公害(オーバーツーリズム)にも新たな考えを見せていました。


一般的には観光地へ入場制限などするとして、現地の人の生活を最優先させる方式がとられていますが、まず訪れた人に対する理解を示さないと観光地としての価値も上がっていかないという至極まっとうな回答。


正直、そこに住んでいる人すべてにそれを強いるのが難しくてこういう事態が起きているのだと思いますが、実際はそこだと思います。


当施設でも失礼ながら地元の取り決めで決められていることからお客様にお断りするような事例があったりしますが、もしこれを地元に還元できるほどの効果を観光客がもたらしてくれるのであれば、実際それくらい大きな観光地でも未だ観光に無関心な方が多いのも事実です。


正直、行政職員なんかは多分最たるものだと思います(笑)。どんだけ観光客が来ても、観光業が潤っても、自分には何にも反映されないですもんね。それこそ穢れのない奉仕の心を持ってないと絶対に「もう来るなや」とつぶやいていそう。


という感じで、とても頭のいい方プラス本当に観光業の可能性を信じ、挑戦しているように感じました。


また、観光業界全体というより、ご本人が業界にとってどういう動きができるか、という立ち位置での見方が大変参考になりました。


ホンマによくある話ですが、行動できる人の言動を感じた夜でした。

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画