ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

魅力のある事業か?クラファンで少しわかりますよ。

キャンプ場の運営支援・予約管理代行・指定管理公募支援のヒトオドル企画です。


経営者の資質としてよく言われるのが24時間没頭できるか。というのがあります。


まずこの意味をちゃんと理解できるかでその資質を判定できるかもしれませんが、かみ砕くと、どんな生活をしていてもそのビジネスに意識を向けることができているか、ということです。


ただ私としてはこれは経営者に限る資質ではなく、いわゆる「プロ」と呼ばれる人にはおおよそ当てはまる言葉だと思います。


プロのアスリートや政治家、芸術家、そして主婦でも。すべてのプロはそのように生きているのではないかと思います。


プライベートとの区別が難しくて・・・。というのはこういう人達には当てはまらないんですよね。仕事とプライベートを分ける必要がないのですから。

私は何のプロなのかといえばやはり経営者として生計を立てていますのでその道のプロだといえます。その収入から見れば限りなくアマに近いのですが。


それでも子供と遊んでいるときやカフェに行くときでも『何か自分の事業に活かせないか』というのは常に頭にあります。


最近ではクラファンのサイトを見てあげられているプロジェクトの成否や集まった金額などを見てクラファンをする顧客層を参考にマーケティングの勉強をしています。


まずクラウドファンディングについてはもう説明は不要ですね。その中でも最大手のCampfireを例にとってみたいと思います。今はそこからかなり詳細なジャンルにも区分けされていますが、今回はCampfireのみを見ていきたいと思います。


先日知人がグランピング施設をするにあたって大型のクラファンを開始しました。その時にCampfireのサイトにアクセスしたのが縁で、サイトの至るとこにCampfireの広告が現れます(笑)。


その中のサムネイルで気になるものをクリックしてみることが増え、それを繰り返しているうちに「このプロジェクトはかなり顧客のニーズを満たしているな、これならこれくらい集まっても当然」「これはずいぶん還元性の低いプロジェクトだな、少しお金は集まっているけど、恐らく身内の出資だろう」とか少しずつ見えてくるものがあるのです。


ジャンルでいえば、テクノロジー・ガジェットとプロダクトが圧倒的に成功率が高いですね。消費者のニーズを満たしてくれる製品の開発ですので当然といえば当然ですが、「未達の技術を新たに提供する」という圧倒的な強みがあるわけです。


ジャンルで「テクノロジー・ガジェット」で募集終了日に近い順で検索してみてもらうと、その成功率の高さがお分かりいただけると思います。


それに比べて他のジャンルではそこまでの成功率はありません。特に「○○したい!!」系のクラファンは本人の周知によるファンドレイジングがある程度あるものの、まったくの外部の人に刺さるものがなく、あまり成功していないようです。特にリターンの設定が非常に稚拙なものが目立つような気がします。


テクノロジー・ガジェットでは多くの製品がその製品自体をリターンとして得ることができるのですが、「○○したい!!」系の多くはその主催者が体験したことを疑似体験できるものがありません。


何かの製品を作る開発費に自分が貢献できるなら、という思いと、あくまで「餞別」という感覚の違いでしょうか。


現在でもサッカーでセミプロのような方が自分のステップアップのために海外への留学を希望しているプロジェクトがあります。Jリーグの下部組織でプレーしているようですが、お金が全く集まっていません。リターンが弱いのもありますが、失礼ながらその方自体に投資するニーズがあまり伝わっていないのでしょう。


また「まちづくり」というジャンルがありますが、こちらは総じて評価が低いようです。これは恐らく本当にその地域内だけで完結してしまうような事業が多いのではないかと思います。


そうであれば地域外の人から「地域の中だけでやってくれよ」という話ですよね。逆にそのまちづくりジャンルでも成功しているところはその地域外にも発展する可能性があるプロジェクトだと思います。単なるファーストペンギンであって、それを自分たちのエリアを通して実践しますよ、ということ。


ここをはき違えると、「その地域だけでやってよ」という判断になってもおかしくありませんが、実は多くがそうなっているようです。今ではAll-in方式となっており、目標金額に達しなくても集まった金額分だけはもらえるという方式がほぼメインです。


なので、本来に必要な金額より多めにプロジェクトを設定し、All-in方式にしている人も多いようです。


ファンドレイジングとしてはもはや市民権を得ているクラウドファンディング。ビジネスアイデアとして秀逸なものもあれば、そうでないものもあり、なかなか勉強になります。