ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

Airbnbのリスティングが進化してました。

指定管理者制の公共キャンプ場運営サポートのヒトオドル企画です。


この時期になると普段とは異なった客層からご予約を頂きます。その多くの理由が学生さんの春休み。


キャンプをしに来るというより、1棟貸しのスタイルである当施設などを卒業旅行ですかね、仲良しグループで泊まりに来るという感じです。


ネット展開をしていないころは関西圏までがメインで、時に名古屋あたりから来られるくらいでしたが、最近では関東からのお客様も増えています。


特に車事情がどんどん良くなっているので大きめのレンタカーなどでみんなで代わりながら運転してきているようです。


私の学生時代と異なり、集まれば飲み会といった体育会系ではなく、車を運転する必要もあるせいか、もっとロードムービー風な、移動に焦点があたっている旅路のようです。


なので勝手ながら、そのようなグループを「ロードムービー」グループと陰ながら読んでいたりするわけです。



そしてその多くは予約をAirbnbからされます。


弊社が掲載しているサイトでは最も集客のないサイトですが、この時期、この旅の仕方となると相性のいいのがAirbnbのようです。


Airbnbのホストの中でも一定期間内に一定の評価、レビューを集めたホストはスーパーホストに認定され、ある種のステータスを確立できます。


ゲスト側からしてもそれだけ信用のあるホストのところであれば問題は起こりにくいと考えるのでしょうね。


当施設も昨年まではスーパーホストだったのですが、その後一定期間Airbnbからのゲストがいなかったのでスーパーホストではなくなってしまいました。


その影響もあってか、コロナウイルスの影響もあってか今年は前年比80%くらいですが、恐らく今後もキャンセルが続くだろうなぁ、という感想。


さて、Airbnbで質問を頂いたんですが、以前にはなかった各部屋や各施設の詳細の写真を載せることができるようになっていました。リスティング内に記述する設備一つ一つに写真を貼れるようになっていたのです。


今まではリスティングにまとめて写真を上げるという形だったので見る側も漠然とこういうものがあるんだろうな、という感じだったのですが、これでイメージがしやすくなります。


当施設のよくある質問に、布団はついているのか?というものがあります。


一応、文章としては人数分用意すると書いているのですが、写真としては押し入れにしまっているお布団をわざわざ載せていませんでした。


そういうゲストが欲しがっている情報をこちらも提供しやすくなったという感じでしょうか。


実は同じ感じで頻繁に質問を受けているのに、答えることに慣れてしまっていて改善できていないことが多かったので、これは勉強になりました。