• hitoodoru kikaku

Booking.comの海外キャンプ場に学ぶ

キャンプ場運営支援・集客コンサルティング・予約管理代行・休眠施設活用コンサルティングのヒトオドル企画です。


冬も随分深まってくると、お問合せなどはめっきり少なくなります。当然といえば当然ですが、この時期にお問い合わせいただいた上でご利用いただいたお客様の多くはリピーターになってくれているようです。


冬キャンプはやはり好奇心だけでは持続していきませんので、本来のキャンプの楽しさなどを理解している方が、当施設の評価をしてくださったと理解しています。


こちらとしてもお客様に選んでいただける施設になるには常にアップデートをしていかなければと思っておりますが、強烈な尖りを意識するときにやはり他キャンプ場の動向は気になります。


ただ、国内のキャンプ場ですと法律などのベースとなる仕組みが共通ですので、そこまで真新しくないことが多く、「あ、これあそこのホテルでやってたな」とか、「キャンプ場では初、ってことだけどあのゲストハウスがやってたな」「○○自然の家のほうが安くてできるな」という経験がちらほら。


そこで英語でCampingなどと検索を掛けたりして、海外のキャンプ場をネットを通してみることが多かったのですが、Booking.comがキャンプ場をかなり扱っていることがわかり(遅い)、今ではそちらでいろんな意味で勉強になる施設を見ています。


Booking.comキャンプ場検索




Booking.comでのキャンプ場検索の仕方


これはスマホでもPCでも同じだと思いますが、やはり主要な宿泊スタイルの中にキャンプ場というのが入っていません。


トップページ中ほどの「宿タイプで検索」という箇所をずっと右へスクロールするのが最もオーソドックスなやり方。


一番下のフッターのところにはホテルやゲストハウス、最近人気のバケーションレンタルなどの記述が、左から二番目、希望の宿泊施設タイプのところにあります。


なのでもう一つのやり方、私の場合はまずその隣、一番左の「国」を選択します。


すると、アンゴラ・アンギラのあとにアルメニアが出てきます。(アンドラはないんですねぇ。。。)アンゴラ・アンギラは宿泊施設タイプが少ないのですが、アルメニアにはたくさんの宿泊施設タイプが登録されており、その中にキャンプ場もあります。


そしてキャンプ場をクリック。


すると、カレンダーが丈夫に出てきますがスクロールすると、カテゴリーツリーがあり、

ホーム>すべてのキャンプ場>アルメニア

となっています。このすべてのキャンプ場というところをクリックすると、各国や地域のキャンプ場を見ることができます。


どうしても他の施設タイプに比べると登録数が少ないせいか少し手間ですが、大変参考になるので写真だけでも眺めてみてください。


おさらい。


①Booking.comのページ。下部、フッターの一番左上、国を選択。


②アンゴラ・アンギラのあと、アルメニアの箇所、キャンプ場を選択。


③アルメニアのキャンプ場のページで、カレンダーの下、カテゴリーツリーの「すべてのキャンプ場」を選択。


④お好きなキャンプ場を選択。


写真もそうですが、中には日本人の方が日本語でレビューされている場合もありますのでそれも参考にしたいですね。


自分自身の備忘録としても今後取り上げていきたいと思います!!



ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画