ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

  • hitoodoru kikaku

OTAにのぞむこと

キャンプ場の運営支援・指定管理公募支援・ウェブ予約管理代行・集客支援・移住支援のヒトオドル企画です。


先日、OTA経由で宿泊予約があったから「BBQ用品をレンタルしたいのですが」というお問合せいただきました。


今まではレンタル用品はウェブサイトから直接お申込みいただいてたんですが、現在利用している予約システム「なっぷ」ではオプション設定が充実しているのでそれを利用することにしました。


そうすると、レンタル用品は飽くまで宿泊予約を取った場合のオプションとなり、こちらとしてもとりっぱぐれがなく、事前に準備ができるということで施設側としては助かりますが、自社ウェブサイト以外でのご予約の場合は別途予約が必要になります。

「なっぷ」のオプション設定は本当にキャンプ場の運営に適しているように感じます。残念ながらなっぷ自体がサイトコントローラーに対応していないので、当施設としては全部屋を提供するわけではなく、他のOTAにも部屋を出しているのですが、メインの集客としている理由はまさにこれが理由です。


宿泊にオプションを載せることでお客様も施設利用充実度があがるという意味では大変助かっています。


フリーサイトの方には宿泊タイプのテントの貸し出しもしており、その予約が入った場合はオプションとしてレンタル品も利用できる設定にしているので、フリーサイトでも効率のよい現金化ができるようになりました。


以前はフリーサイトの方にもレンタル用品を提供していたのですが、サイト自体が無料のため天候が悪くなると無断キャンセルみたいな事例が相次いでいたんですが、かなりコントロールできるようになっています。


以前、ある方からインバウンドの集客やOTAとしての底力からBooking.Comに注力してはという助言も頂いたんですが、実はキャンプ場としてのこのオプション設定ができるというのはBooking.comもまだ後手だと思います。


日本国内のOTAだとオプション分「プラン」を作らなければならないのでお客様も望むプランを選びにくいのではないかと思います。


イメージはファストフードのSubway。


ベースのメニューを選んで、あとは好きな具材の量を加減したり、ドレッシングを選んだり、それこそお客様が唯一の味を創造できるわけです。


国内OTAだと素泊まり・朝食付き・二食付きだけでも別々のプランを作る必要がありますが、それをオプションで選べるようになれば、とても楽だと思います。


朝食も洋食・和食など選べたりするとかなりお客様も真剣に選ぶようになると思います。


ラーメン屋でいえばトッピングですかね。


ベースのラーメンが並なのか大盛なのか、そしてそこに乗せるトッピングで値段が変わるというわかりやすいシステム。


OTAではそのシステムを搭載するのが難しいのか、値段が合わないのかはわかりませんが、なっぷがそれをやってくれたので今では他のOTAにも当たり前に望むようになってしまいました。


対応してほしいですね。

0回の閲覧