• hitoodoru kikaku

OTAの手仕舞い設定を忘れていて焦った話

キャンプ場運営コンサルティング・予約管理代行のヒトオドル企画です。


各OTAに通ずる「手仕舞い」という用語をご存知でしょうか。


手仕舞いとは売りに出している空室をその名の通り、閉めてしまうこと。色々理由はありますが、OTAに売り出していたものの残りが電話予約などで埋まってしまったときに使うものになります。


当施設なんかでは、地元の人が直接窓口でお申し込みされる場合もあるので、それなんかも対象ですね。(今は手間からほぼお断りしている状況です。)


また、売り出しているプランによっては事前準備(食事の仕入れや、アウトソーシング先との提携など)が必要なこともあり、自動的に2日前に空室を閉めたりします。


手仕舞い設定のないVacation Stay


大体のOTAはこれができる機能があるので、あまり気にしていなかったのですが、先日Vacation Stayはこれに対応していないことが分かりました。


当施設は基本的に当日予約は電話のみにしております。ネット予約だと確認にタイムラグがある場合がありますので。


これはほぼどの施設も共通していると思いますが、それが故にVacation Stayからも当日予約が入った際に事務局から電話連絡がありました。


正直、OTA経由で当日予約可という設定にしていたという覚えがなかったので、かなりうろたえましたが、説明を聞くと、Vacation Stayにはその手仕舞い機能がないとのこと。


Airbnbの後発としてその機能を踏襲しているはずなのに、AirbnbにはあってVacation Stayにはないというのは。。。。。。


あ、結構ありました。Vacation Stayはかなりの合理化、反面サポートが弱い、感じでして電話での受付もなかったり、かなり少人数で回している印象。


一応、要望は出しましたが、恐らくサイトコントローラーとつないでやってね、という感じなのでしょうか。


「FAQ」などを読んでいても、ユーザーの利便性向上にはあまり注力をしていない印象ですね。


集客力抜群のサイトと連携をしていますが、不便を承知で利用するかは今後考えていかなければいけないですね。




ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画