• hitoodoru kikaku

Vacation STAYでキャンプ施設登録

キャンプ場運営支援のヒトオドル企画です。


楽天とLIFULLが展開する民泊予約サイトVacation STAYをご存知でしょうか。


そのVacation STAYがキャンプ場やグランピング施設などのアウトドア施設を強調して登録できるようになりました。


参照:https://vacation-stay.jp/contents/outdoor-accommodations/


以前からキャンプ場でも登録は可能でしたが、「アウトドア」というカテゴリーが設けられ、単なる民泊かそれともキャンプを求めているキャンプ客かと顕在化することによってミスマッチが軽減されそうです。


どのように登録するかを運営に問い合わせたところ、先に登録している施設は一旦登録している宿情報をすべて削除し、新たに登録するか、アカウント自体を新しいものに作り替える必要があるようです。


一旦登録している宿情報は入っている予約が終了するまで削除できないということで、別のアカウントを設けようとしましたが、別のアカウントも同じメールアドレスだと登録できないみたいですので、予約終了を待って削除、の方向になりそうです。


Vacation STAYとは?


楽天が運営する民泊サイトです。Airbnbの後発となり、世界中で展開するAirbnbよりもっとこじんまりとしたものになっています。


当施設も今までVacation STAYのお客様は国内は0、東アジアのお客様が数組いるだけ。


正直、まだまだの感はぬぐえませんが、いくつか気になる箇所もございます。


それは、Booking.comなどの大手宿泊予約サイトとの提携により、グループのサイトに自動掲載されること。


Booking.comは言わずと知れた世界最大の予約サイトですし、中国圏の民泊予約サイトTujiaにも自動掲載されます。


それぞれに登録する必要もありませんし、入口はTujiaでも宿側の手間はVacation STAYと変わらないわけです。


うまく利用できれば最小限の努力で物凄い幅の顧客にアクセスできますね。うまくできないと当施設みたいなことになっちゃいますのでお気を付けください。


自動掲載による価格差


当施設はBooking.com(以下B)にも個別に登録しているので、当地域の検索をかけるとBに直接登録したものと、Vacation STAY(以下V)に登録したものが並列で出てきます。


Bに自動掲載された場合、Vの値付けはBに掲載されたものより若干高くなってしまいます。これはBは手数料を宿側に全て求めているので成約した料金からの手数料が生じるのに対し、VやAirbnbなどの民泊サイトは宿側だけでなく、利用者から手数料もとるため宿側が設定した料金に顧客の払う手数料を上乗せした料金が掲示されるためです。


同じ内容のものが違う料金の場合は当然安い方を選択しますので、当施設の場合はほぼB経由の予約ばかり。


これは宿側の努力で簡単に防げそうですが、やはり精通しているウェブ担当者がいたほうが安心でしょう。


当施設としては打開策として顧客が手数料を負担してくれるVからの集客に腐心したいのでこの冬の時期に現在の予約が終了したらVのアウトドア施設登録を済ませ、Bの登録をやめて一本化しようと思います。


主に東アジアからのインバウンドから少しずつ欧米の方も来ていただいています。


やはりミスマッチをなくすためには「キャンプ場」だということを前もって知っていただくことは大変重要ですからね。




0回の閲覧

ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画