ABOUT ME

徳島県にある美濃田の淵キャンプ村の指定管理会社代表。その他、輸入業やアウトドアガイドもやっています。

自社Webサイトを構築しながらWixを学ぶ。作るだけでなく、どのように運用するかによってWebの存在意義が大きく異なるかを実感。そのノウハウを機会と捉え、事業化。

顧客と向き合うことを信条とし、そのツールとしてWebサイトを活用。自社が管理するキャンプ場は10か月連続過去最高売上更新や、前年度比109%売上などを記録。

​Web推進派でなく、事業の効率化のためのWeb利用推進派。


 

© 2019 ヒトオドル企画

弊社の強み~お選びいただく理由があります~

​①月額制のおススメ。

単発制はWebサイト作成や、OTAの登録など納品を終えた後のフォローアップを行わない既存の一般的な契約になります。

月額制はWebサイト作成、OTA登録などの作業後、その運用支援、または運用そのものを受託致します。月額制にすることにより、担当の方に技術移転ができた時点で契約終了としたり、冬季は閉鎖している施設様も季節ごとや月ごとにご利用しやすくなります。

事業を進めていくうえで状況によって当初の計画を修正する必要があります。そのためには柔軟な姿勢と常にアンテナを張り続けることが必要です。そこで弊社は納品時をピークとする単発制ではなく、時代の流れにそって肉付けしていく月額制をおススメしています。

それはさながら、日本と海外の不動産事情のよう。日本の多くの不動産は購入時がピークであとは値が下がる一方ですが、欧州の不動産の多くは購入したあとそこの住人により手掛けられた価値がどんどん付加され、イタリアなどでは17Cに作られた家がとんでもない高値を付けたりしています。

昔のデザインであれば、大枠は変えられないかもしれないけど、その中身は少しずつ修正できるーーーーーーー

​長くご利用いただくためには変化をし続けなければならない、そんなコンセプトでのご提案です。

​②キャンプ場を運営しているからわかること。

​徳島県にある弊社は今まで業務委託だったキャンプ場施設を指定管理することにより、試行錯誤しながらも売上および収益増加に繋げました。20年ほどの歴史がある当施設では「高速道路1,000円」時代に作られた過去売上最高記録がありましたが、弊社が指定管理して1年目の後半から2年目には11カ月連続更新したり、過去最高売上の対比で109%増を実現したりしています。指定管理前と後では平均42.6%増の月額売上を記録しています。

当施設は設備面ではあまりいい条件ではありません。いわゆる高規格と呼ばれるような設備はありませんし、管理棟すらなかったので宿泊用のバンガロー1棟を無理やり管理棟に替えました。そんな中指定管理当初3か月はとにかくPRすることに集中しました。知ってもらうことが大事だと思い、お金こそかけませんでしたが、無料でできる広報活動に邁進しました。その結果少しずつお客様は増え、売上は上がりましたが、収益はいまいち。よそのキャンプ場や雑誌のキャンプ特集などを参考に、自分たちのできる範囲で新しいサービスにも取り組みました。こちらも労力の割には期待したほどの成果は見えませんでした。弊社が指定管理してからは電話や窓口予約のほか、ウェブ予約を導入し、露出も増えたのに、見合うほどの効果が得られていない。スタッフの疲労やストレスも溜まっていく・・・・。

 

そこで当初予定した運営方法をたった3か月で見直し、費用対効果を追求しました。それが業務効率をあげる」という仕組みを導入するきっかけでした。

​③効率を上げるとは?

昨今の働き方改革で多くの職場で生産性の追求をするようになりました。弊社も少ない人数でどれだけ効率を上げられるかを検討しながら、業種を超えて研究しました。特に「ペーパーレス化」を真に実現している他社を参考にしました。これは非常に合理的な考えでした。大きい企業では「ペーパーレス化」を目標にしているようなところばかりでしたが、その会社は業務の無駄を見直しながら、合理的な経営をしていくうちに「ペーパーレス」になったというのです。

 

これはとてもストレスフリーな考えで自然でした。弊社としては自分たちのポテンシャルを見つめ直し、背伸びはせずに、それらを効率化するためにどんどんサービスを絞っていきました。これは出来る、これは出来ないという内容をウェブサイトに書き込むことが増え、徐々に充実したウェブサイトになっていきました。すると、ウェブサイト自体が「キャンプ場」や「徳島 キャンプ」といった検索でも引っかかるようになり、徐々に知名度が上がっていったのです。

そうなってくると、あとは自然に売上が伸びていきました。反面、色々手を出していたサービスをやめることによって経費は抑えることができました。すなわち、収益が増えていったおかげで、現在はキャンプ場運営だけでなく、その支援を行うコンサルティングも手掛けるようになりました。

​そして今となって気付く最大の効率化は自分たちのポテンシャルを把握し、そこに集中することによって、施設とお客様とのミスマッチをできる限りなくすようにできるということです。弊社としては電話でのご予約は受付けておりません。電話でキャンプ場をご予約をするような世代は、ファミリーキャンプをターゲットにしている弊社とは合わないからです。どんなお客様にも門戸をひろげないかわりに余計なミスマッチを防ぐ、これがとても効果的に作用しています。

​④Web担当を外注するやり方。

業務を効率化するにはITを駆使します。これは素直に車や鉄道網などがダイナミックに発達した今、移動手段は徒歩だけという選択肢だけではないということです。ただし、苦手な人もいるでしょう。そのために弊社があります。離れた場所でもインターネットを通じて連絡を取り合いながら、業務が可能です。

また弊社がウェブサイトを作成する際はwixというサービスを使います。

これは、難しいコーディングの知識などを必要としなく、誰もが直観的にウェブサイトが作れるサービスで、世界中で広く使われています。最初の三カ月でその使い方になれていただき、弊社のノウハウを実践いただければ、外注契約もそこで終了することも可能な月額制です。

​今までの管理方法を見直す気概があるのであれば、ぜひ一度ご相談ください。設備投資も大事ですが、実はそこで働く人々への意識に投資しないと物事は変化しにくいのではないのでしょうか。